DM料金でこんなに違う!?DM料金見直し.com

HOME > DM料金情報 > DMは料金なども考えてコスト管理する

DMは料金なども考えてコスト管理する

ビジネスをやろうと考えたときに、宣伝方法といったものを考えていくことが大事になっていきます。
宣伝方法の1つとしてDMを発送するといった方法があったりします。
カタログや情報といったものを送っていくことによって、顧客の人に情報を教えてもらうことができたりします。
さらにはメディアの人にもそうしたものを送っていくことによって、様々なメディアに取り上げてもらうといったことを期待していくことができます。
ですがもちろんそうしたときには料金などのコスト管理といったものが必要になってくるので、どれくらいのコストが必要なのかといったことなども考えていくことが大事なっていきます。
コストといったものを丁寧に管理していくことによって、メリットのある宣伝方法といったものに対してアプローチをとっていくことができるようになっていきます。



DMの料金は発送物によって変わる

DMは簡単に効果が上げられる宣伝手段として古くから使われています。
ただその種類ははがきやパンフレットなど様々であり、サイズや重さも変わってきます。
この重さやサイズでDMに発送料金も変わってきます。
特に不特定多数に送る性質上、その発送料は多額となることもしばしばです。
発送する際、サイズとしてお一般的に用いられるのははがきです。
はがきで送るメリットとしては発送料が安いことです。
ただパンフレットなどはがきより大きいサイズでもメール便の指定サイズに収まるなら安く発送できます。
 また発送料を安く抑える手段としては日本郵政の広告郵便物の割引制度を利用することです。
はがきなら2000通から11%ぐらいを割引されます。
ただし日本郵政で広告郵便物として承認を得るには一定の条件をクリアする必要があるので申請する前に条件をチェックしておきましょう。



DMを依頼する時の料金は見比べよう

新しい情報を宣伝する際に、多くの企業がDMを利用しています。
しかし、会社や個人で一件ずつデータを入力して送る作業は人数が多ければ多い程大変な作業になります。
そんな悩みを解決する為に、近年では専門業者に依頼されるケースが増えてきています。
DMのレイアウト、印刷、発送手続き、そしてアフターサービスなど殆どの作業を行ってくれるので非常に役に立ちます。
近年では実店舗で探す他に、ネットからも数多くの業者を見つける事が可能です。
全国規模で探せるので、利用される前に料金を見比べてから決めると良いでしょう。
料金を見比べる際に、見積もり金額に変動が無いよう最終的なオプション、サービス内容を含めた金額で見比べるようにしましょう。
DM専門業者を集めて比較しているサイトなどもあるので、時間のある時にチェックしておきましょう。

次の記事へ