DM料金でこんなに違う!?DM料金見直し.com

HOME > DM料金情報 > DMの開封率を上げるためには

DMの開封率を上げるためには

 お店や会員制ビジネスでお客さんをたくさん呼ぶためには、なんらかの宣伝をする必要があります。宣伝方法は様々になりますが、最近はチラシや広告などだけではなくダイレクトメールも増えてきています。ダイレクトメールは別名DMと呼ばれています。
 通常の広告との違いは、不特定多数に送るのではなく特定の名前の人に対して送ることです。これにより、反応率を上げることが可能になります。ただし、チラシなどよりも料金がかかってしまうという点を考えなければなりません。
 どうせ料金がかかるならば、できるだけ反応率の良いダイレクトメールを送ることが重要です。ではどうしたら反応率が高いダイレクトメールを送ることができるでしょうか。反応率の上げ方には、いくつかありますが、まず、封筒の1番目につくところに、どのようなメッセージが載っているかが大事です。
 そこに載せる言葉は、相手が振り向くような内容にするべきでしょう。例えば、学習塾のダイレクトメールであれば、「西中学校に通っている生徒を持つ保護者必見!」といった感じがよいでしょう。

 封筒にメッセージを書く場合は、地域を限定すると効果は高くなり、開封率も高くなるでしょう。ただ、学習塾などの教育ビジネスの場合、地域を限定するときの注意点は、名簿を手に入れて、どの顧客がどの地域に住んでいるかを明確にしておくことが大事になります。
 例えば、リサーチを専門に行っている会社から情報を手に入れることが大事になります。健康食品の販売の会社の場合などのように、名簿を入手することができなければ、ペルソナを明確にすることが大事です。
 この時には、1人の人間に絞り混んで、渾身のメッセージを伝えることが重要です。DMの封筒に書くメッセージは、分量に限度がありますので、そのペルソナがどのような問題を抱えていて、どのような心配があるかを明確にしなければなりません。

 開封率を上げる一番簡単な方法は、無料特典やプレゼントを同封することです。無料特典も、気になるものが入っていれば開封したいと思うでしょうし、プレゼントが入っていれば、かなりの確率で開封するでしょう。
 プレゼントには、開封率を上げる以外にも、もう一つ効果があります。心理学の中に返報性の法則と呼ばれるものがあります。返報性の法則とは、何か無料で貰ったならばお返しをしなければならないという心理を生み出す法則です。
 プレゼントが入っていたので、思わずその商品を購入したという例は枚挙に暇がありません。このように、それなりの価値があるものをプレゼントすれば開封率を上げる効果があります。