DM料金でこんなに違う!?DM料金見直し.com

HOME > DM料金情報 > 業者にDM作成を依頼する際の料金節約方法

業者にDM作成を依頼する際の料金節約方法

DMは様々な業者が取り入れている広告商法の1つですが、作成できる種類は数多くあります。
一般的に多く作られるタイプとしてはハガキタイプのほかに圧着ハガキタイプに封書タイプなどに分けられます。
それぞれにタイプに合わせてDMを送った際に得られる効果に違いがあり、また作成するために料金にも違いが出てきます。
よりコスト面を抑える方法として選ばれるタイプはハガキタイプですが、自社で作成するのと作成業者に依頼する場合とでまた費用に違いが出てきます。
自社で作成する場合は基本的に料金はハガキの送料程度に抑えられます。
ですが作成業者に依頼する場合は、送料となるハガキ代と合わせてデザイン日や作成費用が発生します。
業者に依頼する場合で費用を節約する方法は、作成されるデザインをシンプルにする事があります。
デザインが細かく膨大だと、作成業者側の手間が増えて負担になるためそれだけ費用が割り増しになります。
ですがシンプルなデザインにまとめると、作成する手間が軽減されるので料金節約につなげられます。



圧着タイプのDMは料金が割高ですが広告効果が高い

企業にとって多くのユーザーに自社のサービスや商品を知ってもらうことが重要になります。
そのため企業は様々な手法で自社の商品を売り込む必要があります。
より多くのユーザーに宣伝する方法として、人気のある手法の1つがDMになります。
とてもシンプルな広告になりますが、多くの人に送ることで効果的な宣伝効果を期待することができます。
送るDMタイプには様々な種類がありますが、よりレスポンスが高いタイプが圧着タイプのハガキになります。
ただし通常のハガキに比べて広告効果が高い分、作成するための料金も割高になる傾向があります。
ですが料金が高い分より通常のハガキに比べて倍以上の情報を乗せることができるので、より多くの内容を宣伝することが可能です。
また圧着タイプのハガキを剥がす行動をユーザーが行う事で、高い確率で中身の宣伝内容を読んでもらえることに繋がります。



DM一通を発送する料金を比較する

DMを発送する時には、どこかの業者に委託することがあります。
その方が手間がかからないからです。
その代わり、委託料が発生します。
料金は一通単位となっていることがほとんどです。
ただし、ただ発送をするのではなく、封入作業から入ることもあります。
つまり、できあがったチラシなどを封筒に入れて、宛名シールも貼り、投函するところまで委託するというわけです。
ここまでの作業となると、DM一通あたり数十円になることがあります。
細かく内訳を見て、業者を比較しましょう。
料金は業者によって異なります。
封入作業が数枚もあるのなら、その分、手間がかかるからです。
場合によっては複数名で流れ作業をすることになります。
それから、宛名はシールではなく手書きになると、さらに手間がかかるため、DM一通辺りの料金は100円程度になることも少なくありません。
どこまで業者にやってもらうか、じっくり検討しましょう。

次の記事へ